ヒロミは親王時代から、宇多帝とは親交がある。(宇多に娘を嫁に入れてる)
それで宇多が帝になったとき、信任のあるヒロミを朕の博士★(岳父→家庭教師的な)として、
政治にもいろいろ相談をしてる仲。フリーダムな宇多帝だから苦労は多そうだけども。

宇多に娘を入れてることから、藤原氏の外戚政治の基盤ができており、
基経はこれを阻止するために、阿衡の紛議を起こし、ヒロミを罷免する。
偶然にも宇多が帝になって、陽の目を見た橘だけども、やっぱり藤原氏には敵わない。
悲運な家系。