そんなわけで、この時代のプロを招いて、作らせて見ることに。

※画像クリックで次へ。

醍醐帝は白氏文集をこれまで大プッシュだったけど、
道真さんの詩を読んでからは、菅家文集がお気に入りだったそうな。