菅家廊下の先輩(ヒロミ)と後輩(道真さん)


この二人は宇多帝が帝じゃなかったら、
もうちょっと平穏な生活になってたかもしれない。
(道真→過度な昇進、
ヒロミ→娘を宇多に入れてるから結果的に基経から睨まれることに。)

※画像クリックで次へ。

才あり、智あり…の最初のセリフは、
阿衡の紛議で道真さんが基経に差し出した手紙に書いてある言葉です。